電子タバコで本当に禁煙はできるのか

電子タバコで本当に禁煙はできるのか


ニコチンパッチやニコチンガム、最近は禁煙外来のコマーシャルまでしています。また、電子タバコという商品も出てきました。ニコチン依存症、電子タバコで本当に禁煙に成功するのかを考えてみました。

電子タバコってどんなもの?

電子タバコは煙草の形状をしており、中には液体が入っております。吸引することで、中の液体を水蒸気化させて口から吐くのです。火は使いません。タールや一酸化炭素も発生しないし、勿論副流煙もありません。ただ、タバコを吸っている気分は味わえるかもしれません。今のところ効果は不明のようです。

禁煙外来ってどんなところ

最近では、ニコチン依存症と立派な病名がつけられました。ニコチン外来なども出来てきております。ニコチン外来ではお薬を飲んでタバコを体が受け付けない状況にもっていくわけです。実際飲んだ人で禁煙に成功した人が周りに何人もいますが、電子タバコでタバコを辞めた人の話は、まだ私の周りにはいません。煙草を吸う本数が減ったとの報告はあるようです。

ほんとにタバコはやめられるのか

電子タバコは、最近は実際に火がついてるように、先端が光るものがある。ニコチンガムやニコチンパッチみたいに実際ニコチンが入っているものなら、確かにタバコはほしくなくなってきます。でも、完全に禁煙するのは難しいです。ニコチンガムを噛んでいても煙が欲しくなります。
禁煙外来でせっかっく禁煙しても、またタバコを吸いだす人も何人かいます。ニコチン依存症恐るべしです。
まだ電子タバコを経験したことはありませんが、機会があれば、一度試してみたいものです。


電子タバコ おすすめ